スカウト代行の費用相場はどれくらい?料金形態別の相場・費用事例を比較解説

スカウト採用は数ある採用手法の中でも、自社の魅力を候補者に直接アピールできる“攻め”の手法です。近年急速にスカウト採用を導入する企業が増え、新卒採用・キャリア採用共にポピュラーな採用手法の1つになりつつあります。
しかし一方で、「期待したほどの効果が得られない」「工数・時間がかかる」など、スカウト採用に課題を抱く企業も少なくありません。

スカウト採用における課題を解決すべく、スカウト代行の利用を検討している企業も多いでしょう。しかしスカウト代行を利用する場合には、どれくらいの料金がかかるのか事前に相場を把握しておきたいものですよね。

そこで本記事では、スカウト代行を利用する際の費用相場を、料金形態ごとにご紹介します。

  • スカウト代行の費用相場を知りたい
  • 今利用しているスカウト代行の料金が相応なのか確認したい
  • 自社にマッチする料金形態を知りたい

上記に該当する企業・人事ご担当者様は、本記事でスカウト代行の費用相場を確認してみてください!

イチグウRPOは人事担当者のノンコア業務を代行し、人事担当者が『コア業務』へ集中できる環境づくりをサポートする採用代行サービスです。

詳しいサービス内容や料金を知りたい方はこちら。

スカウト代行の料金形態

スカウト代行の料金形態は主に次の3種に大別されます。

  • 月額固定制
    費用相場:30万円~70万円/1ヶ月
  • 従量課金制
    費用相場:800円~1,500円/スカウト1通
  • 成果報酬制
    費用相場:新卒採用:30〜50万円程度/1人
         中途採用:50〜80万円程度/1人(予定年収の3~5割/1人の場合もあり)

料金相場を把握するためには、まず自社のスカウト採用における課題を洗い出し、スカウト採用におけるどの業務を代行するのか検討しましょう。

またスカウト代行を利用する目的も明確にしておくことが肝要です。人事担当者の負担を削減したいのか、スカウト採用にまつわるノウハウを得たいのかによっても、選択すべきサービスは異なります。

委託したい業務やスカウト代行を利用する目的が明確になった時点で、どの料金形態のサービスを利用すれば高いコストパフォーマンスを得られるのか、比較・検討してみると良いでしょう。

月額固定制

月額固定制は、採用計画立案からデータ分析までスカウト採用にまつわる様々な業務の代行が1つにパッケージされたプランです。
料金相場は、1ヶ月 30万円〜70万円が目安となります。
月額固定制のサービスは、スカウト送信数や内定承諾者数によって料金が変動することはありません。
1ヶ月ごとにかかる予算把握のしやすさがメリットと言えるでしょう。

多くのスカウト代行では3か月以上の利用から申し込みを受け付けているようです。1ヶ月から依頼できるサービスもありますが、一定の効果・データを得るためにも3ヶ月以上の利用が好ましいでしょう。

提供サービスの内容によって月額固定の料金は大きく変動しますが、スカウト採用で行わなければならない業務が丸ごとパック化されています。つまり、スカウト採用業務をまるごとアウトソースできるプランです。
そのためスカウト採用ノウハウがない企業にとっては、自社でスカウト採用を行うよりも、効率的にスカウト採用を推進できるでしょう。

一方で、中には自社で対応できそうな業務もパックに盛り込まれている場合もあります。オーダーメイド型のパックを組めない場合、コストパフォーマンスが悪いと感じられてしまうケースもあるかもしれません。

月額固定制の特徴採用計画立案からデータ分析まで
様々な業務代行が1つにパッケージされたプラン
料金相場10万円~70万円/1ヶ月
※サービスにより初期費用がかかるケースもある
メリット1ヶ月にかかる予算の管理がしやすい
デメリット依頼したい業務だけ切り出して委託ができない
月額固定制に
マッチする企業
・スカウト代行を利用することでスカウト採用の知見を得たい企業
・スカウト採用業務を丸ごとアウトソースしたい企業

CASTER BIZ(キャスタービズ)

『CASTER BIZ』は、リクルーター・応募者対応担当・原稿担当の3名体制でスカウト代行を推進するサービスです。

料金は、REGULARプラン(38 万円/1ヶ月)、PREMIUMプラン(66 万円/1ヶ月)の2種をメインとし、母集団形成・新卒採用など目的に応じてパッケージが可能なCUSTOMIZEプランがあります。

プラン名料金サービス内容
REGULAR38万円/1ヶ月・採用戦略立案・プランニング
・ダイレクトリクルーティング
・求人媒体の運用
・エージェント対応
・応募者対応
PREMIUMプラン66万円/1ヶ月・採用戦略立案・プランニング
・ダイレクトリクルーティング
・求人媒体の運用
・エージェント対応
・応募者対応
・採用広報
CUSTOMIZEカスタマイズ内容に
応じて変動
・母集団形成プラン
・採用広報プラン
・面接日程調整プラン
・英語対応プラン
・新卒採用プラン など

参照:CASTER BIZ

まるごと人事

『まるごと人事』は、1ヶ月から依頼できる月額固定制プランを提供するスカウト代行です。

ライトプランとベーシックプランの2種に加え、業務ボリュームが多い企業に向けたエンタープライズプランが用意されています。

プラン名料金サービス内容
ライトプラン35万円/1ヶ月
※上記月額料金プラス
初期費用10万円
採用戦略立案・プランニング
ダイレクトリクルーティング
求人媒体の運用
エージェント対応
応募者対応
振り返り
ベーシックプラン70万円/1ヶ月
※上記月額料金プラス
初期費用10万円
採用戦略立案・プランニング
ダイレクトリクルーティング
求人媒体の運用
エージェント対応
応募者対応
振り返り
エンタープライズ
プラン
業務ボリュームに応じて変動応相談

参照:まるごと人事

従量課金制

従量課金制は、主にスカウト配信数に応じて料金が加算される料金形態です。

費用相場はメール1通につき1,000円〜3,000円程度となります。候補者1人ひとりのレジュメを読み、よりカスタム性の高いスカウト作成を依頼する場合は1通あたりの金額も高くなります。

ある程度スカウト採用のノウハウがあり、スカウト配信だけを切り取って業務代行を依頼したい企業にはマッチするでしょう。また小規模からスカウト代行の導入を進めたい企業にとっても、活用しやすい料金プランです。
スカウト配信数を調整することで費用をコントロールできるため、低額でスカウト代行との相性を確認できます。

内定に至るまでの次の推移率を試算し、内定から何通のスカウト送付が必要なのか逆算することで依頼すべきスカウト数・費用を算出することができるでしょう。

  • 開封率
  • 返信率
  • 応募率
  • 選考推移率
  • 内定承諾率
従量課金制の特徴スカウト1通ごとに料金が加算されるプラン
料金相場800円~1,500円/スカウト1通
※サービスにより初期費用がかかるケースもある
メリットスカウト配信だけを切り取って業務委託が可能
デメリット自社にスカウト採用のノウハウが蓄積しにくい
従量課金制
マッチする企業
・スカウト配信だけを切り取って業務代行を依頼したい企業
・小規模からスカウト代行を利用したい企業
・少数スカウトでも母集団形成できる企業知名度の高い企業

PRO SCOUT

スカウト代行に特化した『PRO SCOUT』は、Pickup・Standard・Proの3種類のサービスを提供しています。
候補者のピックアップ・スカウト文面・求人票作成まで、もしくは候補者に合わせた文面カスタマイズを含むか否かによって、スカウト1通あたりの料金が変わります。

プラン名料金サービス内容
Pickup800円〜 /1通候補者ピックアップ
スカウト文面・求人作成
分析レポート・方針提案
Standard1,200円〜 /1通候補者ピックアップ
スカウト文面・求人作成
スカウト配信
分析レポート・方針提案
Pro1,500円〜 /1通候補者ピックアップ
スカウト文面・求人作成
スカウト配信
候補者に合わせた文面カスタマイズ
分析レポート・方針提案

参考:PRO SCOUT

成果報酬制

成果報酬制は、採用成功数に応じて課金されるサービスです。

下記で紹介しているスカウト代行『エージェントベスト』のように、”中途採用50万円/1人”という成果報酬でスカウト代行を行っているサービスもあります。
しかしスカウト代行における成果報酬型のサービスは、多くはありません。
そのためスカウト代行選びの際に、成果報酬型の料金形態だけに絞ると、自社のニーズにマッチするスカウト代行を選びにくくなるかもしれません。

一方で成果報酬型は専門性の高いスキルを有する技術職の採用など、少人数かつ確実に採用に繋げたい企業にとっては高いパフォーマンスを期待できるでしょう。
反対に大量採用に向かないデメリットもあり、退職で空いたポストの補填などに有効な料金形態です。

成果報酬制の特徴採用成功に応じた課金システム
料金相場なし※相場が形成されるほどの企業数がないため
メリット無駄な採用費用が発生しない
デメリット大量採用に向かない
成果報酬制
マッチする企業
・ハイレベル人材を欲している企業
・早急に空いたポストを補填したい企業

エージェントベスト

『エージェントベスト』は、完全成果報酬制のフリープランと月額固定制のAプラン、さらには両方の利点を取り込んだ複合型のBプランの3種のサービスを展開しています。

プラン名料金サービス内容
フリープラン新卒採用20万円/人
中途採用50万円/人
・スカウト運用代行
 ※通数制限なし
・求人広告/スカウト文面作成
・メッセージ対応
Bプラン<運用費>
20万円/1ヶ月

<成功報酬費>
新卒採用10万円/人
中途採用30万円/人
・スカウト運用代行
 ※通数制限なし
・求人広告/スカウト文面作成
・メッセージ対応
・SaaS導入支援
(ATS/日程調整)
・採用計画にコミットして伴走
Aプラン<運用費>
40万円/1ヶ月

<成功報酬費>
なし
・スカウト運用代行
 ※通数制限なし
・求人広告/スカウト文面作成
・メッセージ対応
・SaaS導入支援
(ATS/日程調整)
・採用計画にコミットして伴走

参照:エージェントベスト

スカウト代行を妥当な費用にするには?

スカウト代行を利用する際は、費用を最小限に抑え大きな成果を得たいと考えるのは当然です。
スカウト代行を妥当な費用にするためには、次のポイントを意識しましょう。

  • スカウト代行に何を求めているのか明確にする
  • 費用対効果を試算しておく
  • 複数のサービス内容や料金形態を比較する

スカウト代行に何を求めているのか明確にする

スカウト代行を妥当な費用にするためには、スカウト代行に対し何を求めているか明確にしましょう。
例えば、自社が求めているものは下記のいずれに該当するのか考えてみましょう。

  • スカウトの配信業務だけの代行を求めているパターン
  • コンサルティング要素の強いサービスを求めているパターン
  • データから自社の弱みを分析して欲しいパターン

本記事で紹介した費用はあくまでも相場であり、採用したい職種・業種・人数などによっても費用は大きく変動します。
またコンサルティング業務も含むか否かによっても料金は大きく変わります。
スカウト代行に何を求めているのか明確にすることで費用相場が明確になり、費用の妥当ラインがみえてくるでしょう。

費用対効果を試算しておく

スカウト代行を導入の際は、事前に費用対効果を試算しておくことも大切です。
どの位の費用対効果が見込めるのかを試算することで、スカウト代行を導入するか否かを判断できるでしょう。

また適切な成果・効果が得られたのか、導入後の費用対効果を振り返ることも忘れてはなりません。
支払った費用が適切であったか、その費用対効果を振り返ることで次回の成果・効果に繋げられるでしょう。

複数のサービス内容や料金形態を比較する

どんなに素晴らしいサービスであっても、料金形態が自社のニーズにマッチしていなければ、意外に費用がかかってしまう場合もあります。
複数のサービスを比較・検討することはもちろん、どのような料金形態であるかにも注目してみてください。

上記で紹介したポイントを抑え、自社のニーズにマッチしたスカウト代行を絞りこんでいくことで、スカウト代行費用を抑えながら妥当な成果が得られるでしょう。

スカウト代行を利用した際の成果とは?

スカウト代行を利用することで、実際にどのような成果が得られるのか?
イチグウ社の実例をもとにご紹介します。

【事例1】ノウハウゼロから3か月で3名の採用に成功

市場価値が高まるエンジニアの採用に対して、スカウト代行を導入することで下記2つの成果が得られています。

  • 採用広報の運用により、会社の魅力を多角的にアプローチできるようになった
  • エンジニア採用の戦略から実行までのナレッジ土台を作ることができた

結果、短期間で数名の採用に至っただけではなく、採用のナレッジ蓄積にも繋がり、今後のエンジニア採用における土台作りにも寄与しました。

【事例2】採用工数の削減・効果的なスカウトでペルソナと合致する若手SE採用に成功

工数確保・候補者に対するマーケティングができていない中、スカウト代行を導入し次の成果・ナレッジを残すことに成功しています。

  • 返信率・応募率が向上した
  • スカウト代行を通じ他業種の採用にも導入できるナレッジを習得できた

人事担当者の採用工数削減・採用成功だけではなく、採用ナレッジの蓄積にも大きく貢献しています。

スカウト代行費用相場 まとめ

スカウト代行の料金形態は大きく3つに大別され、料金相場も次の通りです。

  • 月額固定制
    費用相場:30万円~70万円/1ヶ月
  • 従量課金制
    費用相場:800円~1,500円/スカウト1通
  • 成果報酬制
    費用相場:新卒採用:30〜50万円程度/1人
         中途採用:50〜80万円程度/1人(予定年収の3~5割/1人の場合もあり)

どの料金形態・サービスが高い費用対効果を得られるのかは、利用するサービスや依頼ボリュームによって大きく変動します。
スカウト代行の利用効果を高めるためには、スカウト代行に対して何を求めているのかを明確にし、ニーズに沿ったサービスを選定することが肝要です。

また利用しっぱなしではなく、スカウト代行に対して支払った費用が適切だったか、費用対効果が得られたのかを振り返ることでより有益なスカウト代行の利用が叶うでしょう。