スカウト代行を利用するメリットとは?!スカウト業務を代行する3つの方法と各メリット・デメリットも併せて解説!

スカウト代行を利用する時は、自社にとってどのようなメリットが得られるのかをしっかり検討することが肝要です。
またスカウト代行と一口に言っても、様々な方法があります。

本記事では、スカウト代行を活用するメリットを主題に、スカウト採用の代行方法と各方法のメリット・デメリットを解説致します。

  • スカウト代行のメリットを知りたい
  • スカウト代行の利用を検討している
  • スカウト業務負担を軽減する方法を知りたい

上記に該当する企業・人事ご担当者様は、ぜひご一読ください!

イチグウRPOは人事担当者のノンコア業務を代行し、人事担当者が『コア業務』へ集中できる環境づくりをサポートする採用代行サービスです。

詳しいサービス内容や料金を知りたい方はこちら。

スカウト代行を利用することで得られるメリット

スカウト代行を利用することで得られるメリットは次の4つ。

  1. 外部のサービスを利用することで自社の強みや弱みを客観的に知ることができる
  2. スカウト採用の知見やノウハウが自社の採用財産として蓄積される
  3. 自社だけで運用するよりも質・効率の向上が期待できる
  4. スカウト業務にかかる手間・時間が削減され、人事のコア業務に注力できるようになる

各メリットについて詳しく解説いたします。

1.外部のサービスを利用することで自社の強みや弱みを客観的に知ることができる

外部サービスを利用することで、第三者の視点が加わります。
自社の運用だけでは気が付かなかった自社の採用の強み・弱みを客観的視点から知ることができます。

2.自社だけで運用するよりも質・効率の向上が期待できる

ノウハウを持たない人材だけで闇雲にスカウト採用を推進するよりも専門的な知識や最新の市場情報を持ったスカウト代行を活用するだけで、簡単にスカウト採用の質・効率の向上が叶います。
またスカウト採用を担う人材を1から育成する必要もないため、運用までにかかる手間や時間も短縮できるでしょう。

3.スカウト採用の知見やノウハウが自社の採用財産として蓄積される

スカウト代行を利用することで、プロからスカウト採用にまつわるノウハウやコツを学ぶことができます。
最初はスカウト採用におけるポイントを学ぶ程度かもしれません。しかし中には自社の採用財産としてスカウト採用ノウハウを蓄積・ナレッジ化し、自社だけの運営に繋げている企業もあります。

4.スカウト採用にかかる手間・時間が削減され、人事のコア業務に注力できるようになる

人事は、採用業務以外にも様々な業務を担っています。そのため、スカウト採用だけに多くのリソースを割くのは、非効率であり決して有益とは言えません。
スカウト代行を利用することで、人事のリソースをより重要な業務に集中できるようになります。

このようにスカウト代行を利用することでスカウト採用にまつわる課題の解決が期待できるだけではなく、採用ノウハウのナレッジ化、人事の業務整理・業務効率の向上にも寄与することでしょう。

スカウト代行をフリーランスに委託するメリットとデメリット

スカウト代行は、スカウト代行サービスを展開している企業に委託するケースの他、スカウト採用のノウハウを持ったフリーランスに業務委託するケースもあります。
本項目では、スカウト代行をフリーランスに委託する際のメリットとデメリットをご紹介します。

スカウト代行をフリーランスに委託するメリット

委託料金が安い

スカウト代行をフリーランスに委託する場合、外部の企業に依頼する時よりも代行費を抑えることができます。
企業に依頼する場合は、管理や営業など様々な間接費がサービス代に含まれます。その点フリーランスにスカウト代行を委託することでスカウト採用を低コストで推進できるでしょう。

開始スピードが速い

フリーランスへの業務委託は、事務処理や承認手続きに時間を要しません。
一方で企業に代行業務を委託する場合、発注から契約に至るまで様々な事務処理・承認手続きが必要になります。そのため企業と契約するよりもフリーランスと業務委託を結ぶほうが、スピード感のある導入が期待できるでしょう。

小さな案件や短期間業務の依頼が可能

サービスが型化されている企業と比較し、フリーランスは提供サービスを型化していない傾向にあります。
そのため細かな依頼や短期間業務の依頼も可能な場合が多く、自社のリソース不足を柔軟に補える利点があります。

スカウト代行をフリーランスに委託するデメリット

個人の能力によって業務成果が大きく左右する

フリーランスに依頼する場合、業務の成果は個人の能力によるところが大きく、任せられる業務範囲も個々のフリーランスによって大きく異なります。
また業務の質・効率・自社との相性は、実際に業務を委託してみないと分かりません。
フリーランスに業務委託を検討する際は、ポートフォリオや過去の実績を提示してもらうようにしましょう。

情報流出等の大きなトラブル時の対応に懸念が残る

フリーランスが所持しているパソコンがウィルスに感染したり、フリーランスに付与しているアカウントが不正にログインされるなどして委託内容が外部に漏れてしまう可能性はゼロではありません。
また不特定多数の人が往来するカフェやフリースペースでの作業も情報流出のリスクをはらんでいます。
採用は個人の属性情報や過去の経歴など機微な情報を扱う業務です。
フリーランスが個人情報を扱うケースが発生する場合は、個人情報を適切に管理してもらう必要があります。フリーランスの対応だけに委ねるのではなく、企業側からもリスク・トラブル防止の働きかけが必要です。

人材を探す手間が増える

フリーランスにスカウト代行を依頼する場合、最低でも下記2つの条件を満たすフリーランスを探さなければなりません。

  • スカウト採用のノウハウがある
  • 自社の要望を満たしてくれるスカウト採用を遂行してくれる

クラウドソーシングやマッチングサービスなどを活用し、自社のニーズにマッチするフリーランスを探すのも1つの手。しかしフリーランスを探すための新たな工数が増え、かえって人事の負担が増す可能性が考えられます。

企業のデジタルプロダクト開発支援を行う株式会社Lboseがフリーランス活用経験のある企業担当者を対象に行った「企業のフリーランス活用実態調査」によると、64%がフリーランスの仕事に満足と回答しています。
一方で92%がフリーランス活用時に何らかの課題を感じているという結果になりました。
本調査は採用代行に限った回答ではありませんが、フリーランスの活用はメリットと課題が表裏一体であることを理解した上で、自社に合うフリーランスの採用・委託方法を模索・検討する必要があります。

参考:株式会社 PR TIMES 株式会社Lbose「フリーランス活用実態に関する調査結果」

スカウト採用業務を派遣社員に対応してもらうメリットとデメリット

派遣社員を受け入れる場合、スカウト代行業務を『依頼』することになります。スカウト代行を『業務委託』する代行企業やフリーランスとは契約そのものが異なります。
業務委託とは、委託した業務の遂行や成果物の完成によって「報酬」を支払います。一方で派遣社員に業務依頼をする場合とは、派遣会社と雇用契約を締結した派遣社員を受け入れ、派遣先企業である自社の指揮命令の下でスカウト業務を担ってもらうことです。派遣社員にスカウト採用業務を遂行してもらう際にもメリット・デメリットがあります。

スカウト採用業務を派遣社員に対応してもらうメリット

スカウト配信など型化された業務を依頼しやすい

スカウト採用には、データの取り込みなどルーチンワーク ・ マニュアル通りの作業もあります。スカウト代行企業やフリーランスに委託するほどの難易度ではないこれらの単純作業を派遣社員に依頼することで、一部の業務を自社内で完結することができます。

スカウト採用以外の採用・人事業務も依頼できる

派遣社員受け入れ時に締結した契約内の業務を『人事業務サポート全般』と指定をした場合、スカウト採用以外の採用・人事に関する業務も依頼が可能です。
採用・人事業務の中にはシーズンの繁閑が激しいものもあります。
自社のリソースに合わせて派遣社員の業務内容を柔軟にカスタマイズできる点は、派遣社員活用のメリットの1つといえるでしょう。

スカウト採用業務を派遣社員に対応してもらうデメリット

派遣社員に採用知見がない場合もある

派遣社員によってはスカウト採用どころか、採用そのものの知見を持たない方もいらっしゃいます。
ノウハウありきのスカウト代行企業・フリーランスへの依頼とは異なり、スカウト業務に関して1からレクチャーや教育が必要になるケースもあります。

結果・成果を図りにくい

派遣社員にスカウト業務を依頼する場合、その派遣社員がどれほどの成果を挙げたのか定数を示しにくい傾向があります。
ただ『何となく人手が足りていないから』という理由で派遣社員を受け入れている場合、必要以上に人件費や労力が費やされている可能性もあります。派遣社員を受け入れる前に、自社のスカウト採用においてどんな貢献・成果が見込めるのか検証する必要があるでしょう。

派遣社員の受け入れは、あくまでも採用業務を依頼することであり、採用業務の委託ではない点を理解しておきましょう。

スカウト業務にRPAを導入するメリットとデメリット

最近では、スカウト業務にRPAを導入する企業も増えてきました。
RPAとは、これまで人が担っていた業務を、ロボットを活用し作業の自動化を図ることを言います。人がスカウト採用を推進する企業・フリーランスへの委託、派遣社員の受け入れとは違うRPAならではのメリット・デメリットがあります。

スカウト業務にRPAを導入するメリット

人的ミスがなくなる

RPAは配信対象やターゲットに応じて使用するスカウト文を事前に定型化しておけば、設定に則り自動で配信などの業務を進めてくれます。間違った対象へのスカウト送付や、スカウト漏れなど人的ミスや漏れ防止が期待できます。
結果として品質や業務効率の向上にも寄与することでしょう。

コスト削減

RPAを導入することで人の雇用が要らなくなり、給料や採用・教育コストなどを大幅に抑えられます。
また人件費を抑えつつも生産性を維持・向上できる点がRPA導入の魅力です。

スカウト業務にRPAを導入するデメリット

対応媒体が限られているケースがある

RPAの導入を検討していたとしても自社の採用管理ツールや、使用しているスカウト採用媒体に導入予定のRPAツールが対応していないこともあります。
一部はRPAが対応し、一部は人の手で対応しなければならないという分業が発生するケースも考えられます。

RPA導入できる業務は限られている

RPAは全ての採用業務に対し、導入できるわけではありません。
都度変化や思考が求められる作業には向いておらず、導入できる業務が限定されています。

RPAは定型化されており、パソコン上のみで完結する業務だけに適応できます。
導入可能な業務が限定されていますが、RPAの仕組み・特徴をよく理解した上で適所に導入することで、スカウト採用に著しい効果をもたらす可能性を秘めています。

スカウト代行を利用するなら『イチグウRPO』がおすすめ

本記事でお伝えしたスカウト採用の代行方法は、どれにもメリット・デメリットがあります。
メリット・デメリットを比較するものの、どの方法でスカウト採用を推進すべきか決めきれない企業や人事ご担当者様も多いかと思います。
とは言え人事や自社の力だけでは、スカウト採用の推進が厳しいといケースが大半でしょう。

そのような企業、人事ご担当者様はぜひ『イチグウPRO』をご検討ください。
イチグウPRO』には各方法におけるデメリットや懸念点をカバーする、下記4つの強みがあります。

  1. 必要な支援を必要な分だけ受けられる
  2. 採用ナレッジの提供を受けられる
  3. データ重視型の採用支援を受けられる
  4. 適切な業務報告、採用進捗可視化レポートで進捗共有を受けられる

1.必要な支援を必要な分だけ受けられる

イチグウPROでは、個社別のご要望に応じて必要な支援を必要な分だけ支援させていただくことが可能です。ご予算に合わせた貴社オリジナルのパッケージを提供させていただきます。
自社のニーズに合った採用支援を受けられるため無駄なコストが一切発生しません。

2.採用ナレッジの提供を受けられる

採用業務は、雇用が発生する限り永続的に続く業務です。
そのため、イチグウPROでは「契約の切れ目が支援の切れ目」にならないよう、採用のエキスパートが採用ナレッジをフレームワーク化し、現場の方々がPDCAを回せるよう併走型の支援をおこないます。
イチグウPROをご利用いただくことでスカウト採用業務そのものだけに資金を費やすのではなく、採用ナレッジの資産化にもご期待いただけます。

3.データ重視型の採用支援を受けられる

感覚や経験測だけで採用業務をハンドリングしていませんか?
昨今の採用マーケットは、データから読み解くネクストアクションが非常に重要です。イチグウPROではデータドリブンな採用支援が強みであり、データや数字に基づいた理論的なスカウト採用の推進が可能となります。

4.適切な業務報告、採用進捗可視化レポートで進捗共有を受けられる

スカウト代行を委託した後、採用業務がブラックボックス化してしまうケースが散見されます。
イチグウPROでは、週次・月次でのレポート報告を実施し、運営状況をご共有しております。また必要なエスカレーションは適切・素早く・確実に実施するよう心がけており、代行業務において『知らなかった』という事態が発生する懸念はありません。

イチグウ株式会社では、上場企業からスタートアップ・ベンチャーまでこれまで様々な規模・業界の企業の採用を支援してまいりました。
各方法のデメリット面をカバーできる強みを持ち、個社別のニーズに合わせてイチグウRPOをご提案させて頂きます。貴社の採用課題を解決に導くだけではなく、再現性の高い採用施策を提供することで貴社の人事力向上にも貢献します。

スカウト代行を利用するメリット『まとめ』

スカウト代行を利用することで得られるメリットは、単に時間や手間の削減だけではありません。
冒頭でもご紹介した通り、次のような様々なメリットが得られます。

  • 自社の強みや弱みを客観的に知ることができる
  • スカウト採用の知見やノウハウが蓄積される
  • 質・効率の向上
  • コア業務に注力できるようになる

スカウト採用に課題や行き詰まりを感じているのであれば、スカウト代行の導入はおすすめです。
スカウト採用にまつわる業務をアウトソースすることで、様々な恩恵を得られることでしょう。