導入事例

SCOUTSでエンジニア採用の土台をつくり
3ヶ月で3名の採用に成功

株式会社エフェクチュアル


スカウトアウトソースを依頼するきっかけは何だったのでしょうか?

本格的にエンジニアの採用を始めたからです。
エンジニアは市場価値も上がっており、営業などに比べると採用の難易度が高いと感じていました。
また自社のエンジニア採用のノウハウもない状態でした。
その中で営業のお電話を頂き、応対の良さもありトントン拍子に依頼に至りました。

実際にイチグウに依頼しようと思った理由は何ですか?

『採用状況をすぐ理解してもらえたこと』が一番の理由です。
あと、SCOUTS(スカウツ)のような自社開発ツールを持っていたのも依頼を決めた理由の1つですね。
自社でそこまでやっているところはそうなかったので、一旦任せたいと思いました。

イチグウに依頼する前と後で変化はありましたか?

一番の変化は、エンジニア採用の土台を作ることができた点です。
イチグウに依頼する前は、求人票があるぐらいで積極的なスカウトメールの配信すらできていない、ほぼ0ベースな状態でした。
毎週定例でSCOUTSのデータから進捗の確認・フィードバック・次週の戦略などを一貫して対応してくれたので、「スカウトメールをきちんと送付すること。応募者からのアクションに反応する。」といった当たり前のことをきちんとする土台が形成され、結果採用にも繋がりました。

また採用広報(インタビュー記事)の運用では、応募者から「インタビュー記事を読んだ!」と声を頂くこともあり、一定の効果を感じています。
SNSなどでは定期的に情報をアップすることが当たり前かと思いますが、イチグウに依頼をすることで常に最新の記事を作れていたところは大きかったですね。
ただ記事をアップするだけではなく、スカウトメールにも代表インタビュー記事のURLを添付する、求人媒体にも会社の様子や社員インタビューの記事を掲載するようにもなりました。
以前よりも応募者に対し戦略的なアクション、多角的に会社をアプローチできるようになったと思います。

結果的に短期で数名の採用に至っただけではなく、採用の土台作り・ナレッジ蓄積にも繋がり満足できる依頼となりました。

導入相談・お問い合わせはこちらから